読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

拝啓、母上



3月31日も、もう終わりです。

今年度ももう終わりか〜。


私は今年の三月に大学を卒業し、埼玉県にある実家から地方のベンチャー企業へと就職しました。


会社に入った経緯は今回は書きませんが、様々なことを感じ、自分なりの回答が今のベンチャーで働くということでした。


地方で就職すると両親に言ったのは、三月前半のことでした。

母親は驚いていました。

そして、いつも以上に家にいる時は話をして、料理の方法や、家事などについて口うるさく言うようになり、引越しの日が近づくにつれ、母からのアドバイスは増えて行きました。


あ、今更ですが、うちの両親は離婚してます。

高3の3月、大学入学の前に離婚してからは、母親の元で過ごしました。


そんなこともあってか、明らかに、母親の自分に対する態度は変化していきました。


当初、引越しは1人でやるから問題ないと母に言っていたものの、絶対について行くと言って聞かないので、飛行機を2人分とりました。






当日、羽田へ行く地下鉄に乗った時に、大きなカバンを持っていたから、隣同士の席に座らなかったよね。

羽田までの乗り換えは自分で調べられるのに、わざわざ俺にラインしてきたよね(笑)

何度も地下鉄でスタンプ送ってくれたよね。


飛行機のなかで、子供みたいに離陸の瞬間にはしゃいでいたよね。俺の写真撮ってくれたよね。



新居についてからは大忙しだったね。

家電がついて、引越しの荷物がとどいて、ガス、水道、その他の業者が一気に来たね。


少し買い物したら夜になってたよね。


引越し用のダンボールに、スーパーで買った惣菜と、母と私の大好きな、キリン一番搾りを2人で飲んだよね。

何枚も写メを撮ったよね。2人とも映りは悪かったけど。

お風呂で、離れるのが寂しくて泣いて、のぼせちゃったよ。


夜、布団が一枚しかないし、敷き布団を買っていなくて、硬いマットレスに2人で寝たね。

小学生ぶりだって笑ってたよね。

2時間くらい寝ずに他愛ない話をしたね。


神様、お願いだから時間を止めてください、なんてお願い事をするのは、最初で最後だよ、絶対に。



気づいたら、次の日になっいた。

母親と過ごす最後の日。

最後じゃないんだけど、最後の日。




朝から買い物に行って、新居も大分片付いたよね。

あぁ、もう、記憶が薄れて来てしまったよ。

たった一週間前のことなのに。

母親との大切な時間の記憶なのに。。。


あっという間に、飛行機の時間になって、帰る時間になったよね。

帰りぎわ、レンタカーに乗る前"頑張れよ"って言って握手したこと。

お母さんの目はとても潤んでたこと。

そのあと抱き合って、2人で泣いたこと。


絶対に忘れない。


引越しする土日は雨予報だったのに、全然雨が降らなくて、神様が待ってくれてたのかもしれないね。


空港に無事に着くかすごく心配で、誰かを家から送り出す、親の気持ちが少し理解できたよ。


プレゼントでくれた3年間の卓上日記と、置き手紙、ちゃんと読んだよ。


辛くても、逃げ出したくても、下は絶対に見ないよ。


お母さん、好き。大好き。愛してる。

俺のこと産んでくれてありがとう。

俺のこと愛してくれてありがとう。


お母さんが、離婚してしまったこと、それで俺に影響がなかったかすごい気にしてたこと知ってるよ。


影響はすごいあったよ。

でもね、俺は、お母さんとお父さんが2人で決めたことだから。2人がそれで納得したならば、全部受け入れられるから。


血が繋がってるって、本当にすごいね。

愛って、すごいね。


今まで本当にありがとう。

そして、これからもよろしくね。


俺はここで強くなって、必ず東京に戻るよ。



普段は天邪鬼で、反抗的な態度とってしまうから、ブログに書くことにしたよ。

この気持ちが、あなたに届きますように。




                                                               息子より