読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(名もない)ベンチャーに行く前に親とよく相談しよう


ゴールデンウィークが終わり、現実に引き戻されてるなうです。


俺は、あまりしっかりと就活をしていたわけではないけれど、都内から地方のベンチャーに就職したちょっと変なやつなんだけど、みんなに少しアドバイス?的なことを話そうと思う。

*上から目線とか、全然そういう風じゃないっす。笑

参考になれば幸いです。



アドバイスは主に以下のことに集約される

1.ベンチャー企業に就職する前に、親に相談しておいた方がいい

2.労働条件とか、賃金とか、大丈夫そう?

3.土日を犠牲にする覚悟はあるか


まぁ、こんな感じっす。。


あ、 ちなみにみんなわかってると思うけど、これは新卒でマッキンゼーとかそういう類の所に行く人向けではないです。笑

なので、優秀な方たちはどうぞ己の力で道を切り開いて言ってくださいませ。。。



大学四年の秋頃、志望度が高くない複数の企業から内定をももらい、ダラダラ生活していた私は、将来のことを考えていた。


(俺は、小さい頃からちょっとした夢があって、マイナーな大学、学部に進学してた。)


しかし、大学の専攻とは全く畑違いで、俗にいう硬い業界に入ろうとしていた。


毎日、毎日、将来のことを考えていた。


入社する会社の給料、待遇などはネットで調べられる時代。


定年まで勤めるならば、かなり正確に将来の生活水準、ライフスタイルを見据えることができると思う。


俺は、内定先の企業の待遇よりもっと良い所に行きたいと思ったのと、やりたいことに近づけるような環境に身を置きたいと思っていた。


ある日、あるベンチャー企業の社長Facebookメッセージを送った。


志望してる業界で、若いのにちょっとした有名人になってた社長に、キャリアについての相談をしたかった。


そしたら会えることになった笑

やってみるもんだよね笑


さらに、実際の現場を見せてもらえることに。笑笑


めっちゃ興奮した。

すげー嬉しくて飛び跳ねてた。


そしてなんと現地で、『お前面白いからうち来いよw』って言ってくれたんですよ。


もう有頂天になっちゃって、その日に内定先一社蹴ったよね笑


その後一ヶ月程度の期間があり、色々下調べして、入社したいと思い面接を受け、内定獲得。


んで今に至るんですが、いくつか後悔してることがある。


まず、雇用契約の説明をしっかりと入社前にしてもらわなかったこと。

テンションで決めちゃったところも大きあったけど、これはマジで後悔してます。


別に低賃金で生きていけないわけでもないし、特に不満はない。

けと、通勤手当は出ない。

そして、田舎だから車がいるよね。

ガソリン代貰えないのはマジで痛い…


能力次第では給料とか手当とか交渉できるんだろうけど、まぁ、一年目からは難しいと思う。いや、無理でしょ笑



次に、今いるところは、クライアントから呼び出されれば休日返上。

土日に普通に仕事させられるってのも普通にある。


入る前に、ある程度説明してもらってたけど、新卒だし、いきなり土日とか、長時間働くのって想像以上に大変っす、ってこと。


よく起業家とかが、二徹、三徹は当たり前とか、若い頃がむしゃらに働いたこと美談みたく話すけど、徹夜どころか1日15時間働くって、本当に大変なんだぜ?


俺は自分で決めたし、憧れの社長のもとでってのもあって、やっていけてると思う。


将来のための修行期間として、勤める年数をある程度決めてるし、次の転職とかのことも考えてるから、やっていけてる。


まぁ、計画通りに行くかは別としてね笑


はぁ〜Twitterで周りが華金華金言ってるなか、土曜日の仕事のために残業するのめっちゃ辛いンゴ笑




ベンチャーってなんとなく聞こえは良いけど、下手したら数年後には潰れてる可能性あるからね笑


そして、もしベンチャー企業に行きたいって思ってるならば、親に相談してほしい。


俺の親は俺に、大企業に入って安定した人生を送ってほしいと願っていた。


今の時代、絶対安全な企業って少ないと思うから、親の時代の考えは必ずしも正解ではないと思う。


けども、親は4.50年行きてるわけだから、経験は俺らより長いわけじゃん?


お節介で、ウザったらしいけど、社会人として一番身近にいる親の意見はマジで必ず聴くべき!

俺は、最終的にベンチャー行くことになったけど、親と話すことで自分のキャリアを長期的に考えることを学んだ。


家族の絆も深まったと思う。


世の中はホント混沌たるカオスだけど、きっと両親は君の味方になってくれると思う。



ってことで長々と書いたけど、以上っす。


少しでも役に立ったら嬉しいです。


最後まで見てくれてありがとうございました。