読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(名もない)ベンチャーに行く前に親とよく相談しよう


ゴールデンウィークが終わり、現実に引き戻されてるなうです。


俺は、あまりしっかりと就活をしていたわけではないけれど、都内から地方のベンチャーに就職したちょっと変なやつなんだけど、みんなに少しアドバイス?的なことを話そうと思う。

*上から目線とか、全然そういう風じゃないっす。笑

参考になれば幸いです。



アドバイスは主に以下のことに集約される

1.ベンチャー企業に就職する前に、親に相談しておいた方がいい

2.労働条件とか、賃金とか、大丈夫そう?

3.土日を犠牲にする覚悟はあるか


まぁ、こんな感じっす。。


あ、 ちなみにみんなわかってると思うけど、これは新卒でマッキンゼーとかそういう類の所に行く人向けではないです。笑

なので、優秀な方たちはどうぞ己の力で道を切り開いて言ってくださいませ。。。



大学四年の秋頃、志望度が高くない複数の企業から内定をももらい、ダラダラ生活していた私は、将来のことを考えていた。


(俺は、小さい頃からちょっとした夢があって、マイナーな大学、学部に進学してた。)


しかし、大学の専攻とは全く畑違いで、俗にいう硬い業界に入ろうとしていた。


毎日、毎日、将来のことを考えていた。


入社する会社の給料、待遇などはネットで調べられる時代。


定年まで勤めるならば、かなり正確に将来の生活水準、ライフスタイルを見据えることができると思う。


俺は、内定先の企業の待遇よりもっと良い所に行きたいと思ったのと、やりたいことに近づけるような環境に身を置きたいと思っていた。


ある日、あるベンチャー企業の社長Facebookメッセージを送った。


志望してる業界で、若いのにちょっとした有名人になってた社長に、キャリアについての相談をしたかった。


そしたら会えることになった笑

やってみるもんだよね笑


さらに、実際の現場を見せてもらえることに。笑笑


めっちゃ興奮した。

すげー嬉しくて飛び跳ねてた。


そしてなんと現地で、『お前面白いからうち来いよw』って言ってくれたんですよ。


もう有頂天になっちゃって、その日に内定先一社蹴ったよね笑


その後一ヶ月程度の期間があり、色々下調べして、入社したいと思い面接を受け、内定獲得。


んで今に至るんですが、いくつか後悔してることがある。


まず、雇用契約の説明をしっかりと入社前にしてもらわなかったこと。

テンションで決めちゃったところも大きあったけど、これはマジで後悔してます。


別に低賃金で生きていけないわけでもないし、特に不満はない。

けと、通勤手当は出ない。

そして、田舎だから車がいるよね。

ガソリン代貰えないのはマジで痛い…


能力次第では給料とか手当とか交渉できるんだろうけど、まぁ、一年目からは難しいと思う。いや、無理でしょ笑



次に、今いるところは、クライアントから呼び出されれば休日返上。

土日に普通に仕事させられるってのも普通にある。


入る前に、ある程度説明してもらってたけど、新卒だし、いきなり土日とか、長時間働くのって想像以上に大変っす、ってこと。


よく起業家とかが、二徹、三徹は当たり前とか、若い頃がむしゃらに働いたこと美談みたく話すけど、徹夜どころか1日15時間働くって、本当に大変なんだぜ?


俺は自分で決めたし、憧れの社長のもとでってのもあって、やっていけてると思う。


将来のための修行期間として、勤める年数をある程度決めてるし、次の転職とかのことも考えてるから、やっていけてる。


まぁ、計画通りに行くかは別としてね笑


はぁ〜Twitterで周りが華金華金言ってるなか、土曜日の仕事のために残業するのめっちゃ辛いンゴ笑




ベンチャーってなんとなく聞こえは良いけど、下手したら数年後には潰れてる可能性あるからね笑


そして、もしベンチャー企業に行きたいって思ってるならば、親に相談してほしい。


俺の親は俺に、大企業に入って安定した人生を送ってほしいと願っていた。


今の時代、絶対安全な企業って少ないと思うから、親の時代の考えは必ずしも正解ではないと思う。


けども、親は4.50年行きてるわけだから、経験は俺らより長いわけじゃん?


お節介で、ウザったらしいけど、社会人として一番身近にいる親の意見はマジで必ず聴くべき!

俺は、最終的にベンチャー行くことになったけど、親と話すことで自分のキャリアを長期的に考えることを学んだ。


家族の絆も深まったと思う。


世の中はホント混沌たるカオスだけど、きっと両親は君の味方になってくれると思う。



ってことで長々と書いたけど、以上っす。


少しでも役に立ったら嬉しいです。


最後まで見てくれてありがとうございました。






院試失敗とその一年をまとめた


昨年の9月に、院試に落ちてしまいました。

そのような中で、私がどのような行動をとったかをまとめてみました。


まず、私についてですが、都内理系の私立大の学生でした。

大学院には3年頃には進もうと考えていて、理由としては半分は周りに流されなんとなくでした。笑


今回は、大学4年開始時からざっくり順に見ていこうと思います。



3月1日の午前0時。

僕も周りの就活生と同じように、各就活サイトのプレエントリーを一斉に出しました。


大学院志望ではありましたが、社会と触れ合う機会でもあるし、就活はやろうと決めていました。結果的に、これにより後々救われたと思います。

(院試を受ける方も、就活をするのはとても良い経験になると思います。これは、断言できます。しかし、最も大事なのは大学院の試験であることを忘れてはいけません。)


3月中は主に、エントリーシートを書いたり、就活の本読んだり、TOEICの勉強をしていたりしました。


この頃、TOEICは600中盤くらい、TOEFLはitpで半分いかないくらいでした。

試験の半年前には英語はある程度固めておいた方が良いでしょう。

研究室でも英語の論文は何本も読みますし、

ある程度の英語力がないと、ゼミで死にます笑


就活では、業界別にラインのグループ作ってESの見せ合などをしていました。


4月から研究室が始まって、並行して就活。


これは案外きつい。。。

特に、業界を絞らずに満遍なく就活をするとなると、並行は難しいと思います。


ゼミの発表予定は、修士、博士の先輩から順に決まることも多く、自由に予定が組めないと就活は死にます。

研究室に配属されたら早い段階で、ゼミ、研究室の予定の確認をすることをオススメします。

私も、説明会に物理的にいけない状況が発生しています。。。


ゼミは、英語のテキストの輪読と論文発表があり、予習にかなりの時間が必要でした。

特に、ゼミを担当する週はかなりキツキツで、英語の重要性をじわじわ理解し始めました。


そしてだいたい、5月くらいに内々定でるやつが現れる。笑

(ベンチャーとか特殊な感じのとこはもっと前にもちろん出てました。)


内定の話を聞くと焦ったし、就活に力を入れ始めると院試の勉強はほとんど出来なくなりました。

友人が内定を得た企業の年収を検索してひがんだり、悔しい気持ちになるのはわかります。

しかし、大企業に入っても、役員や管理職に残ることができる人数は限られています。

地道に就活を続けましょう。


また、お祈りメールは気にせず削除しましょう。

ご縁がなかったと思うことも必要なのです。

(ちなみに私は、食品、化粧品、IT、などの業界を受けていました。かなり落とされました。。。)


このままだと中途半端になりそうで、就活か院試どちらかに絞ろうと考え、院試を選択。


5.6月は主に研究室メインで、院試の勉強もできていました。

この時期は、専門科目の勉強がメインになると思います。

暗記は後回しにし、理論や基礎知識を早めに頭に入れておきましょう。


7月頃、暑いし、勉強に集中出来なくなってくる。笑

俺の分野は、文系寄りの理系で、実験とかは全くなくて、基本的に毎日論文と本を読む感じでした。


そうすると

なんだか飽きてくるんですよ。笑


そんな中、一番仲のいいやつが、就活を始めてわずか一週間で内定を取る。笑笑

要領がいい人間って本当にいるので、絶対に焦ってはいけません。


研究に飽きてきた俺も就活やり直そうと安易に考え、主にITのベンチャーを受けました。

(大手の秋採用に備え、練習も兼ねて)


そうしたところ、2社から内定をもらう。

これが確か、7月の中盤頃でした。


8月中盤が院試だったのですが、内定をもらい、勉強する気が消失。


その気分が続いたまま試験を受けて、落ちを確信。


内定を得ていた企業は本命ではないし、このままだとヤバイと思い、金融機関、ITなど残っている求人に応募。


院試の後すぐなので、8月の終わりから本格的に就活を開始しました。

前半戦にESを書いたり、面接を受けていたことで、焦ってはいましたがスムーズに就活モードに入ることができました。


私は、マイナビリクナビなどの王道の就活サイトだけではなく、朝学ナビ、ダイアモンド就活ナビ、その他合計10近くのサイトに登録しました。


そして、毎日送られてくるメールを必ず全て確認し、条件が良ければその場で応募してました。


就活サイトの他に、新宿に新卒専門のハローワークがあるので、そこにも登録して情報を仕入れてました。


ハローワークの良いところは、具体的なスケジュールを職員と一緒に立てられるところ。

そして、悩みや不安を聞いてもらえる事で、精神的な面を安定させることができます。


最終的に10月後半に都内の金融機関から内定をもらう。


(この時点で、内定をもらっていない友人などもおり、この時点ではまだ焦ってはいけないと思います。)


しかし、そこで就活は終わりませんでした笑


年明けの1月後半、以前から気になっていたベンチャー企業の社長とアポが取れ、現場を見る機会をいただく。


その後、卒論等を終えて、3月に西日本の田舎で活動するベンチャー企業に内定をもらいました。


現在は東京を離れ、西日本の某地域で社員をしています。

今は、大変満足のいく生活を送れています。



大学院は理系だから行かないといけない訳ではないし、誰もが行けるわけではないです。


私は、行く権利すらいただけませんでしたが笑


研究室に実際に配属されて、それから院に行くかどうか決めても遅くはないと思います。

それに、仮に落ちたとしても、雇ってくれる先は必ずあります。


友人には院試の浪人、俗に言う"院浪"をする人間もおり、夏の試験に向けて研究生をしていたりします。


大学卒業後の進路は様々な選択肢があります。もちろん、私のように一定数、院試に落ちる人間だっているのです。


私は成功体験は載せることができませんでしたが、皆さんの参考に少しでもなれば嬉しいです。


では。



拝啓、母上



3月31日も、もう終わりです。

今年度ももう終わりか〜。


私は今年の三月に大学を卒業し、埼玉県にある実家から地方のベンチャー企業へと就職しました。


会社に入った経緯は今回は書きませんが、様々なことを感じ、自分なりの回答が今のベンチャーで働くということでした。


地方で就職すると両親に言ったのは、三月前半のことでした。

母親は驚いていました。

そして、いつも以上に家にいる時は話をして、料理の方法や、家事などについて口うるさく言うようになり、引越しの日が近づくにつれ、母からのアドバイスは増えて行きました。


あ、今更ですが、うちの両親は離婚してます。

高3の3月、大学入学の前に離婚してからは、母親の元で過ごしました。


そんなこともあってか、明らかに、母親の自分に対する態度は変化していきました。


当初、引越しは1人でやるから問題ないと母に言っていたものの、絶対について行くと言って聞かないので、飛行機を2人分とりました。






当日、羽田へ行く地下鉄に乗った時に、大きなカバンを持っていたから、隣同士の席に座らなかったよね。

羽田までの乗り換えは自分で調べられるのに、わざわざ俺にラインしてきたよね(笑)

何度も地下鉄でスタンプ送ってくれたよね。


飛行機のなかで、子供みたいに離陸の瞬間にはしゃいでいたよね。俺の写真撮ってくれたよね。



新居についてからは大忙しだったね。

家電がついて、引越しの荷物がとどいて、ガス、水道、その他の業者が一気に来たね。


少し買い物したら夜になってたよね。


引越し用のダンボールに、スーパーで買った惣菜と、母と私の大好きな、キリン一番搾りを2人で飲んだよね。

何枚も写メを撮ったよね。2人とも映りは悪かったけど。

お風呂で、離れるのが寂しくて泣いて、のぼせちゃったよ。


夜、布団が一枚しかないし、敷き布団を買っていなくて、硬いマットレスに2人で寝たね。

小学生ぶりだって笑ってたよね。

2時間くらい寝ずに他愛ない話をしたね。


神様、お願いだから時間を止めてください、なんてお願い事をするのは、最初で最後だよ、絶対に。



気づいたら、次の日になっいた。

母親と過ごす最後の日。

最後じゃないんだけど、最後の日。




朝から買い物に行って、新居も大分片付いたよね。

あぁ、もう、記憶が薄れて来てしまったよ。

たった一週間前のことなのに。

母親との大切な時間の記憶なのに。。。


あっという間に、飛行機の時間になって、帰る時間になったよね。

帰りぎわ、レンタカーに乗る前"頑張れよ"って言って握手したこと。

お母さんの目はとても潤んでたこと。

そのあと抱き合って、2人で泣いたこと。


絶対に忘れない。


引越しする土日は雨予報だったのに、全然雨が降らなくて、神様が待ってくれてたのかもしれないね。


空港に無事に着くかすごく心配で、誰かを家から送り出す、親の気持ちが少し理解できたよ。


プレゼントでくれた3年間の卓上日記と、置き手紙、ちゃんと読んだよ。


辛くても、逃げ出したくても、下は絶対に見ないよ。


お母さん、好き。大好き。愛してる。

俺のこと産んでくれてありがとう。

俺のこと愛してくれてありがとう。


お母さんが、離婚してしまったこと、それで俺に影響がなかったかすごい気にしてたこと知ってるよ。


影響はすごいあったよ。

でもね、俺は、お母さんとお父さんが2人で決めたことだから。2人がそれで納得したならば、全部受け入れられるから。


血が繋がってるって、本当にすごいね。

愛って、すごいね。


今まで本当にありがとう。

そして、これからもよろしくね。


俺はここで強くなって、必ず東京に戻るよ。



普段は天邪鬼で、反抗的な態度とってしまうから、ブログに書くことにしたよ。

この気持ちが、あなたに届きますように。




                                                               息子より                                 


元カノの話。



徹夜して、お昼過ぎに寝てしまった。

夕方起きて家に誰もいない。

寂しいなぁ。

そういう時、彼女がいればなぁって思ってボーッとしてしまう。

ふと、以前付き合ってた彼女のこと思い出したから少し書こうと思う。


去年の10月くらいかな、友達に勧められてマッチングサイトに登録した。

気になった子とご飯行ったりするような関係になった。

ある日、どちらも土曜なのに予定がなくて、夕ご飯を食べることになった。

レストラン混んでたし、普通のファミレスで食事した。

近くに座ってる女の人がボロ泣きしてて、その子と「どうしたんだろうね?」って話してたのを覚えてる(笑)


ご飯食べた後、お酒飲むことにした。

二杯くらい飲むと相手がいい感じになってきて、手を繋いだり、元カレの愚痴話したりした。男からすると願ったりの状況。


手を繋いで居酒屋を出た。

コンビニでお水を買ってたら、彼女が終電を逃した。

びっくりした。

まさか、本当に終電逃す女の子が3次元にいると思わないじゃん?(笑)


やば〜い(笑)って笑いながら、手を組んでフラフラ池袋の東口を歩いてた。

ホテル行こうか迷ってた。

顔は結構好みだし、この状況で女の子を帰すのは失礼かなとも思った。


池袋の東口から北口のホテル街を目指すことにした。

だけどなぜか西口にいた。

池袋の西口ってタクシー乗りばあるじゃん?


気がついたら、自分の口から「帰ろっか」って言葉が出ていて、彼女をタクシーに乗せてしまった。

なんて俺は不器用なやつなんだ。

女の子は物足りなそうな顔してた。

俺もすげー後悔した。(笑)


彼女をタクシーに乗せる間に終電を逃し、これからどうしようかフラフラしながら考えてた。

ひとまず、彼女に電話で無事帰ったか電話で確認してみることにした。


電話の内容は覚えてないが、俺くんも早く帰りなよって言ってくれたんだと思う。

だからタクシーに乗った。

そして、彼女の最寄駅に行った(笑)


タクシーの運転手さんに彼女の最寄駅を伝えてしまって、もう行き先を変えられなくなった。駅について、何もすることないし、彼女にメールしたら迎えにきてくれた。


多分、すごい優しい女の子なんだと思う。

家に連れて帰って、お風呂貸してくれて、パジャマと歯ブラシくれた。

神かよ!!(笑)


ベッドで横になりながら、罪悪感でいっぱいだったけど、彼女の優しさを全身で感じてた。

彼女はベッドで、俺は床に布団を敷いて寝てたんだけど、彼女が布団に入ってきた。

家に泊まった時点で、スゲー迷惑かけて、ワンナイトとか、そういうことする気持ちじゃなかったのに。。。


元カレの話をしたり、元カノの話、他愛ない話をしてたらお互い目が合った。軽くチュってキスをした。もうダメだなと思った。

それからはどんどん激しいキスをした。


途中、彼女が、これ以上するともう俺くんと会えなくなっちゃう。会えなくなるの嫌だって泣きそうになりながら言ってて、男関係で失敗を経験してきたんだなって分かった。


オトコってやることやったら次はもう会わないからね(笑)


それを聞いて、凄く愛おしかった。

俺のこと好きだと言ってくれて、それで落ちた(笑)

この時彼女を好きになっちゃったんだと思う。これが「愛」なんだ!って感じながら彼女と抱き合った。


それから俺は彼女のことを好きになってしまった。単純な男と思ったけど、そんなもんだよな。(笑)



その後彼女とは付き合ったんだけど、1ヶ月くらいで振られちゃった…(笑)


恋愛って難しい。




昼夜逆転とかハチクロみて思ったこと書く。




午前四時です。笑笑



深夜のテンションです。笑



眠れなくてハチミツとクローバー見ちゃいました!!(アニメの二期の最初の方ね)



もう何回見たとかは覚えてねーな笑



不朽の名作ー!!




俺が初めて見たのはいつか忘れたけど、大学生の恋愛ってすげー美しいなぁって純粋に思ったのは覚えてる。当時高校初期くらい?



けどさ、大学生になってみるとあんなに綺麗な恋愛なんてできないってわかるんだよね笑


残念でしたー。。。ウェーイワンチャンあるっしょw



まぁ、先月彼女と別れたりして、弱ってて心には沁みたけどな。笑





んで、ちょっと考えてたんだけど、未経験者からのバイアスってあるよね笑



高校生のときに見た大学生ってすげー大人でさ、恋も勉強も社会人経験もあってカッコよかったじゃん?



それこそ、ハチクロみたいな綺麗な恋愛が待ってるんだろうなぁって想像するわけだけど、実際はサークルに可愛い子なんていなかったり(俺は理系)、可愛い女の子は大抵彼氏いたりするんだよね笑



けどそれでもいいかなぁって思っちゃうんだよね。現実を理解するっていうか、それは当たり前ってのを理解した上でどうするか考えて行動してくよね。




恋愛とは別だけど、車の運転もちょっとバイアスあったよね。うん。



小さい頃、車運転してる親すげーなぁって思う人多いと思うんだけど、教習所行くとその日のうちに車に乗せられたりして、スゲー呆気ないんだよね。



俺は教習所が実家からチャリで行ける距離にあったから、路面教習とかも家の周り走ったりしてたんだ!



教習車乗って、道路から見る景色は普段とは少し違うけど、経験してみると想像より全然大したことなくて、拍子抜けしちゃった。


結局風景は変わらんしな。笑


運転ってこんなもんかよってね笑

(最近高齢者の事故とかも多いですし、運転は気をつけないといけないゾ)




まぁ長々と書いてきたんだけど、たくさんのこと経験して、たくさんのこと見て、そうすることによってより本質を理解できるようになるのかなぁって思う。(当たり前です笑)


けど、これってまだ自分が未経験の方から見ることが出来ないものに対してはなかなかこれを頭に入れて扱えないんだよね。なぜか。




運転免許持ってないやつからみた車を運転するっていう行為は、免許持ってるやつと異なってて


免許持ってないってことは、たとえば近所の信号機が赤になって、もう一方が青になって車が走り出すってシチュエーションを完全には理解出来てないんだよな。多分




まぁ、それが理解出来たから何かに役立つとかでもないんだけども。笑




世の中の本質を見極めるためには結局のところ経験を通して理解しなければダメなんですよ笑




ガキが今更何いってんだって感じだけど笑笑





そして、昼夜逆転した奴が今やらなければならないことは


早く寝て、明日早く起きて少しでも多くのことを経験するために外出するってこと!!



ってことでおやすみなさい。。。




ブログ開始、大学院試に落ちた…


初めまして!


sharkjoです。


名前は単にサメ好きだからこれになりました笑 



現在は、私立大理系の四年生です。



突然ですが、わたくしは8月にあった大学院の試験に落ち、路頭に迷って約3ヶ月経ちました。



就活も並行していたけれど、内定辞退してしまいましたし。。。汗






えーと、、、、



冷静に今やばくない?笑





辞退したことに対してあまり後悔はないんですが、今後のことちゃんと考えなきゃダメですよね。💦




なので

そういったことを客観的に考えるツールの1つとしてブログすることにしました!


あとは少し文章書いたりetc.




"世の中にはこんなクズいるんだ"



みたいな感じで見てくれれば良いと思います。

(見る人かなり少ないと思いますが)笑



そんな感じである程度定期的に更新していこうと思います。